リーチ目
1: 2010/03/04 22:38:37 ID:YF+AOT8l
熱い演出に一喜一憂してるのにリーチ目が出ると激しく萎える。
バトル敗北でがっかりしているところに逆転演出で喜べるのがリーチ目出現で茶番に見える。
そもそもリール自体不要だが存在自体は否定しない。
目押しも嫌いだがボーナス揃えないと話にならないので渋々狙ってる。
小冊子でリール隠して打ってたら店員に注意されるし。
リーチ目は液晶の演出を殺す。だからいらない。

11: 2010/03/04 23:12:52 ID:3MCwseLz
キングキャメルが四号機じゃなければ>>1に薦めるんだが…残念だ…


33: 2010/03/05 00:44:37 ID:5xLeeKhB
やはり>>1みたいな奴も出てくるわな・・・


スロの本質を何ひとつ理解してない。

>>1

には初代サンダーやゲッタマ、SSD2を打つ事を勧める。


3号機のスープラとか怪しい目が出る度に7を狙ったのが懐かしい。

82: 2010/04/10 14:03:44 ID:9nObx596
>>1
パチンコ打ってろやハンドル固定して

8: 2010/03/04 22:58:26 ID:FPpa/vJH
花火百景みたいな演出用RTでも採用すりゃあいい
しかしRT中はBONUS無抽選だからな

12: 2010/03/04 23:17:03 ID:5WX6EuaN
正直ART搭載機種には無くてもいい
だからニューパルみたいな台がもう少し流行って欲しい

13: 2010/03/04 23:23:34 ID:wjuY/VAE
熱い演出www
こいつ本物の養分だな。
お前みたいな奴はパチの島で慶次のボタンでも必死に叩いてれば?

16: 2010/03/04 23:30:14 ID:qLc3SPZy
完全告知機を打てば解決(^^)

23: 2010/03/04 23:58:12 ID:Jdo1hSO9
いっそボーナス察知契機がリーチ目しかないニューパルVをオススメする
いや、まぁリールにオレンジそろってメインにチェリ止まるとかもあるけどね。

31: 2010/03/05 00:37:18 ID:D6XSPC46
ART以外の連続演出のほうがいらんわ

35: 2010/03/05 01:04:34 ID:TkrEcHXV
液晶がない機種ならハナハナが最強だろ!

37: 2010/03/05 01:14:22 ID:bhtFCPqV
逆だろ
液晶がいらないんだよ

41: 2010/03/05 01:45:25 ID:dIUK7A9x
液晶はあってもいいけど頻繁に動きすぎでしかもうるさいのが気に食わん

42: 2010/03/05 01:46:25 ID:7Dz8w7wO
何事もバランスが大切。

演出と出目のバランスが優れていればオールおk。

だいたい、主みたいに、
リールイラネ
とか逝ってる谷津は打たなければいい。
はい。解決。

48: 2010/03/16 02:17:41 ID:nnsvXYAI
昔はトイレ目なるものがあってだな・・・。

49: 2010/03/16 02:37:31 ID:ZKq29D0z
うざったいけど、空回し目ってもあったな

50: 2010/03/16 08:29:50 ID:m7CyvISg
液晶よりスベリ

59: 2010/03/16 11:02:24 ID:oVkB5Ppb
2確はいらんわ
制御が一辺倒だからかえってつまらん

インパクトの1確か、2リールまで通常制御でテンパイハズレの3確のみでいい
もちろん1確目押しはシビアに

68: 2010/03/23 13:39:26 ID:/6vpnHJl
>>59
コンドルさんに謝れ!

74: 2010/04/10 10:22:21 ID:UUgNrHDY
汚いリーチ目の代表格はアステカ
1確もあるが小役崩れと2確をメインリーチ目にした分汚いリーチ目が大半
右上がりの白サボサボとかおよそリーチ目に見えない汚さ

78: 2010/04/10 11:36:23 ID:Ycdg/ID7
今の台に魅力的なリーチ目はないな

80: 2010/04/10 13:39:23 ID:wKxD8G/K
液晶とか出目とかどうでも良いから肉みたいにさっさと判別出来る機種が良い

83: 2010/04/10 14:51:44 ID:bFoAan4H
いつも全リール停止後じゃなく、次ゲームのウェイト中に気付く
じっくりリーチ目見たい

75: 2010/04/10 11:15:06 ID:IrktSGQt
常連のおっさんにこのスレ見せたら鼻で笑ったよ

引用元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/slotk/1267709917/

準備目、トイレ目、2確目などリーチ目にはリーチ目の楽しみ方があるのだ