スピーカー1











いいぞもっとやれ(゚∀゚)パート2
ネタの火にガソリンぶちまけろ!



サトシーニョくん可哀想や…。あ、リベンジしたいなら暴露ツイートをしてくれればお手伝いしますよ(ゲス顔)

ここである友達の話をひとつ。

それは夏の暑い日の事だった。彼はトイレ後なぜか短パンに茶色のシミをつけて帰ってきた。みんな不審がっていたので管理人が勇気を振り絞って「それウ●コじゃね?」と直球を投げかけたところ彼は「これはカレーのシミだよ!」と3年間も否定しつづけた。

そして時が経ち5年目に差し掛かる頃ついに真実を告白することに。もちろんそれがなんだったのか彼の名誉のため秘密だがな。

おっと!これはサトシーニョくんのこととはまったく関係ない小話だから結び付けないでくれよな