ぱちんこAKB48


「京楽は、あくまでも“ドン・キホーテとAKSの問題”というスタンスのようですね。『ぱちんこAKB48』がリリースされたのは、2012年8月。今このタイミングで訴えたのは、大島優子の卒業に合わせて、パチンコ台の第2弾が発売されることが確実視されているからでしょう。もし、パチンコ台の販売が中止となる事態ともなれば、京楽にとっては大損失。現在のAKB48グループの運営は、京楽に頼ってる部分も大きい。裁判の展開次第では、AKB48存続の危機に陥る可能性がないとは言い切れません」(芸能ライター)
引用元:「AKB48存続の危機!? マスコミはスルー中……」ドン・キホーテ“ぱちんこ台訴訟”の深刻度

公式グッズの独占販売権を主張するドンキに対しライセンスを受けてるのでまったく問題ないと真っ向勝負の京楽。
京楽VSドン・キホーテ
ファイ!

さて、どういった契約結んでいるのか解らないけど、下手に裁判長引くと今後のパチンコ・パチスロの新台にも影響しそうだね。

京楽のスロット次機種には「パチスロ必殺仕事人」か「SKE48」ってウワサがあるけど、裁判中に「SKE48」出してくるなんてことをするのかどうか?SKE48は京楽が親会社みたいなので今回の問題に直接的な関係はないにしろ世間の目もあるし。

パチスロAKBもHITしてるし今後続編にも期待されるので
下手にこじれずにうまいこと和解で済んでくれればいいけどね。