パチ屋


パチンコ屋の営業と聞くと、落ちぶれた芸能人の行き着く先と思われがちだが、それがどうして、今では千昌夫や松本伊代ら名の知れた芸能人が多数登板している。
 2007年から全国のパチンコ店を回るイベントに出演している梅宮アンナが「ぶっちゃけギャラはいいですよ」と週刊誌に明かしたことで、それまで「禁断の営業」と呼ばれていたパチンコ営業が、オープンとなったという。
引用元:《前編》落ち目芸能人が群がるパチンコ営業という仕事 – 音楽ニュース


清原和博、亀田興毅のギャラは200万クラス
 他にも、コロッケ、竹内力、石田純一、いしだ壱成、叶姉妹、元モー娘。では保田圭、石川梨華、グラドルでは手島優らも盛んにパチンコ営業に登板。ことに杉村大蔵はこれで稼ぎまくっており、「元国会議員が恥を知れ」とネットで非難されている。
引用元:《中編》落ち目芸能人が群がるパチンコ営業という仕事 – 音楽ニュース


加藤茶もパチンコ店営業の常連
『週刊新潮』2013年9月12日号によると、加藤茶は7月初旬に昼から夕方まで徳島県内のパチンコ店3店舗をハシゴして営業。一昨年は28店舗、昨年はすでにその時点で12店舗の営業をこなしていたとか。ギャラは1本100~200万円ほどで、老舗の芸能事務所に所属しながらも、パチンコ営業に関しては個人事務所扱いなんだそう。
引用元:《後編》落ち目芸能人が群がるパチンコ営業という仕事 – 音楽ニュース

芸能人はもとより最近はお笑い芸人やら声優やらバラエティー豊かだよね。のりピーや加トちゃんも一時期パチ屋営業に精を出してたし短時間で破格のギャラはやっぱ魅力的。